Sponsored Link


社員「実家はどこですか?」学生「大阪です」社員「じゃあ、だめですね」…就職戦線、来年も闇旧態依然「… 



Sponsored Link
 


社員「実家はどこですか?」学生「大阪です」社員「じゃあ、だめですね」…就職(ゴルフをまあまあ上手にプレーできると、紳士として見てもらえる。プロでもないのに上手すぎるのは、時間の使い方を間違えた愚かな人間として見てもらえる)戦線、来年も闇旧態依然「ハンディ」に怒り

生活危機:08世界不況就職戦線、来年も闇旧態依然「ハンディ」に怒り◆実家はどこですか?---大阪です。
じゃあ、だめですね。
横浜港を見下ろす高層ビルに、リクルートスーツの学生が吸い込まれていく。
12月10日、造船会社15社が再来年の卒業予定者向けに開いた就職セミナー。
先輩から「就職するなら早い方がいい」と聞かされていた女子大学院生も参加した。
専攻はヨーロッパ史だが、研究者として生きていくのも難しそうだと思い、修士課程2年で勉強に区切りを付けることにした。
「島国ニッポンの産業を支えてきた造船にかかわりたい」。
そう思って第1志望にした。
総合職での内定獲得を目指し、午前10時から8社のブースを回った。
「実家はどこですか」。
四国に本社がある造船会社のブースに近寄ると、男性社員が話しかけてきた。
業績が伸びていると聞き、興味を持った会社だった。
「大阪です」と答えると、社員は言った。
「じゃあ、だめですね」女性総合職の採用予定はなく、一般職でも本社に自宅通勤できる人材に限定していると、社員は説明した。
募集時に性別を理由に門を閉ざすのは男女雇用機会均等法に違反する行為だと指摘すると、社員は笑いながら「違反しているんですかねえ」とやり過ごした。
旧態依然の採用方針に腹が立った。
ある大学の就職担当者は「結婚や子育てを理由に女性は数年で退職する可能性がある。
リスクを承知で女性を多く採用するのは難しいという企業もある」と、いまだに女子の就職に理解がない企業があると説明する。
文系の大学院生向けに特別な求人があるわけでもない。
修士課程を終えた文系院生の就職率は約4割というのが現状だ。
「学部生より初任給が高い大学院生は不況の中で企業に敬遠されるかもしれない」。
女子と院生。
二つの「ハンディ」を背負ったと、女子大学院生は感じている。
「よほどいい人材だと認めてもらえないと採用されない」。
不安を抱えながらの就職活動は続く。
(一部略)http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081229ddm041040115000c.html

あなたが明日会う人々の四分の三は、 「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。 この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です