Sponsored Link


公務員制度改革で協約締結権、議論へ民間の「春闘」のように時間がかかると反対の意見も//公務員の協約… 



Sponsored Link
 


公務員制度改革で協約締結権、議論へ民間の「春闘」のように時間がかかると反対の意見も

//公務員の協約締結権議論へ公務員制度改革の焦点となっている、労働条件を労使の交渉で決める「協約締結権」を公務員に認めるかどうかについて、政府は、今月中にも、専門の検討委員会を開き、議論を始めることになりました。
政府は、公務員制度改革の一環として、能力や実績に応じた給与(人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する)や退職金を支給する制度を導入することにしており、これに合わせて、一般の行政職の公務員に、民間企業と同様、賃金などの労働条件を、労使の交渉によって決める、「協約締結権」を認めるかどうかが焦点になっています。
こうしたなか、政府は、国家公務員制度改革推進本部のもとに設置する、「労使関係制度検討委員会」の初会合を今月中にも開き、「協約締結権」を認めるかどうか議論を始めて来年度中に結論をまとめることになりました。
ただ、政府内には「協約締結権」を認めた場合、交渉が民間企業の「春闘」のように時間がかかるようなことがあれば、国民生活に影響を与えかねないとして反対する意見も根強く、議論が紛糾することも予想されます。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014700771000.html#

明日死ぬかのように生きて、永遠に生きるかのように学べ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です