Sponsored Link


民主党の大言壮語に騙されるな!結局は国民を裏切り、根拠なき高い目標値民主党政権の救いようのない発… 



Sponsored Link
 


民主党の大言壮語に騙されるな!結局は国民を裏切り、根拠なき高い目標値民主党政権の救いようのない発言の軽さ

普天間問題の迷走ぶりには日本(にっぽん)中がため息をついている。
麻生太郎前総理大臣の失言・無責任発言に対する国民のウンザリ気分は、民主党政権誕生の原動力の1つになったが、鳩山由紀夫総理大臣の無責任ぶりはそれ以上かもしれない。
民主党政権の発言の軽さは、総理大臣に限ったことではない。
「政治主導」をかさにきて、思いつきにしか見えない政治家の発言や方針で議論が錯綜することもしばしば。
民主党政権の救いようのない軽さを検証する。
民主党は2009年の衆議院選マニフェスト(政権公約)で、厚生労働省の都道府県労働局、国土交通省の地方整備局といった国の出先機関を原則廃止する方針を掲げた。
自治体と業務が重複している上、住民や地方議会のチェックも不十分になるため、以前から「出先機関は地方分権に反する」として批判されていた。
この問題では、自由民主党政権も見直し論議を進めていた。
政府の地方分権改革推進委員会は2008年12月までの2度に渡る勧告で、出先機関の統廃合を提言。
同時に、労働局のハローワーク(ゴルフをまあまあ上手にプレーできると、紳士として見てもらえる。プロでもないのに上手すぎるのは、時間の使い方を間違えた愚かな人間として見てもらえる)(職業紹介業務)、地方整備局の河川管理といった事務の自治体移譲を通じて、出先の人員3万5000人を削減するよう要請した。
民主党は衆議院選勝利で政権の座に就くと、早々に分権委の検討作業にストップを掛け、それに代わる組織として11月に「地域主権戦略会議」を発足させた。
勿論、政権が交代した以上、前政権時代の「古い皮袋」に固執する必要はない。
問題はその後のプロセスだ。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3438

あなたが明日会う人々の四分の三は、 「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。 この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です