Sponsored Link


札幌市、水道水98%を依存の豊平川にバイパス水道管テロ、災害対策で巨費187億円全国初豊平川にバイパス… 



Sponsored Link
 


札幌市、水道水98%を依存の豊平川にバイパス水道管テロ、災害対策で巨費187億円全国初

豊平川にバイパス水道管札幌市テロ、災害対策で巨費札幌市が、水道水の98%を依存している豊平川水系から水を確保するコースを二系統に増やすため、豊平川上流と、下流(風向きは変えられないが行きたい方向に帆を張るならいつだってできる)の浄水場をつなぐ全長十キロのバイパス水道管の敷設を計画している。
通常は下水処理水などを流し、テロや災害で豊平川が汚染された際には、上流のきれいな水を浄水場に供給する。
総事業費は百八十七億円。
水源を一系統に頼る大都市は少なく、市は「市民に安全な水を供給するためには現状のままではリスクが大きい」と説明している。
市によると、こうした目的のバイパス水道管敷設は全国で初めて。
計画によると、白井川、小樽内川と合流する前の豊平川(南区定山渓)に取水堰(ぜき)を新設。
そこから白川(しらいかわ)浄水場(南区)と浄水場近くの豊平川下流まで、地中にバイパス水道管を埋設する。
二○○八年度に地質調査を実施し、早ければ、○九年度に着工、一二年度に完成の予定。
総事業費の約三分の一は国の補助を受ける。
(01/0707:14)http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/69259.htmlバイパス水道管の取水堰建設が計画されている札幌市南区定山渓の豊平川。
テロなどに備えるが、巨額の費用には疑問の声もあるhttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/image/6097_1.jpg

理想は我々自身の中にある。同時にまた、理想の達成を阻む様々な障害も、我々自身の中にある



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です