Sponsored Link


自衛隊給料は最高120万7000円階級上でも部下に負けることもいざとなれば自らの生命を危険に晒して、日本… 



Sponsored Link
 


自衛隊給料は最高120万7000円階級上でも部下に負けることも

いざとなれば自らの生命を危険に晒して、日本(にっぽん)の防衛に当たる自衛隊員たち。
しかし、我が国の防人たち23万人の日常を我々はあまりに知らないのではないか。
組織内における出世(やりたいことリストの実現したものには「達成ハンコ」を押していきます。そのたびに、やればできるという自己効力感が増し、その自信がまた次のやりたいことを実現させる力になるのです)やカネ、家庭生活における悩み。
そしてそれらを乗り越えていくモチベーション……。
国防を考える時、まず現実の自衛隊を直視したい。
かつては上下関係や規律の厳しさから敬遠されていた自衛隊も、最近では不況のせいか安定した就職先として人気だという。
給料はこうなっている。
自衛官の場合、階級×号俸(自衛官俸給表)によって、決められている。
例えば、高卒で自衛官になった場合、まずは「2士」からスタート。
月給は15万9500円(税込み、以下同)だ。
これが防衛大出身(いわゆるキャリア)だと、小隊長ポストの「3尉」からスタートするので、1年目は月給23万6000円。
とはいっても高卒叩き上げの「曹長」(3尉の2階級下、平均40代後半)の最高俸は43万4900円なので、階級が上でも、給料では部下に負けることもある。
自衛官の階級トップである「大将」は、統合幕僚長、陸海空の各幕僚長などがこれに該当するが、彼らの俸給は、72万6000~120万7000円。
これを高いと見るか、安いと感じるか。

どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時、頑固さほど有害なものはない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です