Sponsored Link


「儲けてもつらい」ジェイコム株で20億円稼いだ無職男性、その素顔・千葉県市川市の静かな住宅街にた… 



Sponsored Link
 


「儲けてもつらい」ジェイコム株で20億円稼いだ無職(幸福な結婚というのは、 いつでも離婚できる状態でありながら、 離婚したくない状態である)男性、その素顔

・千葉県市川市の静かな住宅街にたたずむ3階建ての邸宅。
その一室が彼専用の「トレーディングルーム」だった。
パソコンのディスプレーが6台並ぶ。
停電になっても取引が続けられるように、自家発電装置も備えようとしているところだ。
男性(27)は淡々と話した。
「ジェイコム株は安かったから買っただけです。
これまでにも1日で2億5000万円もうけたこともあったし、逆に1億6000万円損した日もあった」色白で物静かな風貌は、街ですれ違ったとしても、スゴ腕トレーダーとはまず思わないだろう。
失礼ながら、どちらかといえばニート風だ。
就職したことはないから、ジェイコム株の大量保有報告書の職業欄には「無職」と記したという。
だが、現在の資産は「50億円から100億円の間」。
学生時代にアルバイトで稼いだ160万円をたった5年でここまで増やしたというのだから、驚くべき才能というしかない。
市場が開いている間は、パソコンのディスプレーから片時も目を離さない。
一瞬で数千万円の損をすることもあるからだ。
マウスのクリックと素早い数字の入力で数十億円を稼ぎ出してきた。
みずほ証券の発注ミスが起きた12月8日も、いつものように画面を見つめていた。
「何だこれ、安い」初値が67万2000円というのに驚いた。
10分程度の取引で20億円余りもうけたことになる。
さぞかし気分が良かっただろうと思うが、「もうかっても、損しても精神的にかなりきつい。
やっててつらいんです。
1回この世界に入ったら何をしていても株で頭がいっぱいになる。
やめたいのに、やめられない」一生遊んでも暮らしていけるだけのお金を手に入れたのだから、つらいならやめてしまえばいいと普通は思う。
だが、そうもいかないらしい。
「いつでも値動きがある。
もうけのチャンスがそこにあるのに、失うこともつらい。
出来たはずのことをしなかったことで仕事放棄のような気がしてしまうんです」しかも、もうけたお金をほとんど使っていないというのだから、またびっくり。
(抜粋)

自称「平和主義者」は、国際社会の現実を無視して戦争の種を撒き散らします。弱肉強食の国際社会では、平和とは「軍事力の均衡」の上に咲く弱々しい花に過ぎません。このような厳しい現実を無視して、憲法九条さえ念仏のように唱えていれば平和になると考えている自称「平和主義者」は、日本の平和を維持する上で最も危険な存在です



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です