Sponsored Link


「警察をなめるな」30歳男の強盗ウソ通報で、警官73人・車両29台出動…愛知「狂言」とわかり名東署… 



Sponsored Link
 


「警察をなめるな」30歳男の強盗ウソ通報で、警官73人・車両29台出動…愛知

「狂言」とわかり名東署カンカン強盗だ!!警官73人・車両29台出勤したのに・・・・・・・名東署は25日、狂言強盗で警察業務に支障を与えたとして、日進市内の無職(世には卑しい職業はなく、ただ卑しい人があるのみである)男性(30)を軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで摘発した。
通報で県警は集中配備をしき、警察官70人が出動。
名東署は「警察をなめるんじゃない」とかんかんだ。
近く名古屋地検に書類送検する予定。
調べによると、男性は同日午前10時55分、名東区内から、「殴られて金を取られた」と携帯電話から110番通報。
通報内容は、午前10時に銀行で現金を下ろした後、「がっしりした男」に殴られて現金8万6千円を奪われ、犯人は「白色かグレーのワゴン車」で逃げたというものだった。
通報を受けた名東署は強盗事件として捜査を開始。
県警本部や近隣署の応援を得て、一時はパトカーなど29台、警察官73人が「ワゴン車」を追う騒ぎとなった。
しかし、事件発生から通報まで40分以上経過するなど不自然な点があったため、同署が男性を追及したところ「狂言」を認めた。
現金は、男性の乗用車内から見つかった。
男性は知人に10万円の借金があり、「たまたま母親から金を下ろしてくるよう頼まれたため、その金を借金の返済に充てるつもりだった」と話しているという。

女性が最も激しく愛するのは往々にして最初の愛人であるが、女性が最も上手に愛するのは常に最後の愛人である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です