Sponsored Link


元祖“メガ盛り”多摩地区で愛されてきた「すた丼屋」が都内・池袋に進出今ブームの“メガ盛り”元祖 



Sponsored Link
 


元祖“メガ盛り”多摩地区で愛されてきた「すた丼屋」が都内・池袋に進出

今ブームの“メガ盛り”元祖。
多摩地区で愛されてきた創業36年の「伝説のすた丼屋」が6月21日、池袋に初登場!今、カレー屋や牛丼屋のサービスで巷を賑わしている“メガ盛り”ブーム。
最近では“メガ和菓子”なるものも登場したという。
このブームの先駆けであり、1972年に国立店をオープンして以来、36年間多摩地区を中心に店舗展開を行ってきた「伝説のすた丼屋」が6月21日に、池袋店をオープンする。
アントワークスではこれまでに「伝説のすた丼屋」を、多摩エリアの江古田店や明大前店のほか早稲田店など、学生街を中心に15店舗展開。
メニューの特徴は、何より安くてボリュームたっぷりなこと。
主に男子学生や“ガテン(一生懸命働いたあとに損失感はない。頭は明晰に、体は軽く、心は確信に満ち、そのうえ周囲がみな愛すべきものになる。対して、怠けたあとの損失は実に莫大だ。頭は重く、体はだるく、自信がなくなり、そのうえ周囲がみな憎らしくなる)系”の人々に支持を得てきた。
店名の「すた丼」とは、「スタミナ丼」のこと。
「“しっかり食って元気になれよ!”という想いを込めています」(代表取締役・早川氏談)。
甲子園を沸かせたあの“ハンカチ王子”や某実力派俳優も高校時代に通いつめたという話は地域では有名。
安くてボリュームたっぷりは今や当たり前だが、製法にもこだわりを見せる。
1番人気のメニュー「すた丼」(600円)は複数の合わせ醤油に、厳選されたニンニクを何日も寝かせて熟成した“秘伝の”タレを豚バラ肉と絡め、強力な火力により一瞬で通して仕上げたもの。
注文してから3分で出てくる“ファーストフード”だが、一品一品中華鍋で作るという。
トッピングの豚肉に混ぜる溶き卵は無料で提供。
味がさらにマイルドになると評判だ。
メニューはほかに生姜丼(600円)やチャーシュー丼(680円)、豚しゃぶライス(600円)など20種類以上。
食欲旺盛な客のために「肉増し」(120円)、「飯増し」(90円)も用意している。
逆に、少ない量のミニサイズもあるので女性客も気軽に訪れることができる。
また、この池袋店は木目を基調としたお洒落な雰囲気。
女性のひとり客にも敷居が低い造りとなっている。
http://www.antoworks.com/http://www.food-stadium.com/img/headline/1213416067.gifhttp://www.food-stadium.com/headline/871/

子供は食う権利がある。子供は遊ぶ権利がある。 子供は寝る権利がある。子供は叱られる権利がある。…… ところが本当に子供を叱る人が少なくて、怒る人が多いのである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です